読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayuge-sunのブログ

トライアスロン、娯楽、たまに研究する男のブログ

ロングライド

トライアスロン

概要

世界大会を目指す弱小トライアスリート。その名もバルタザール。男の鍛錬に終わりはない。 8月13日午前0時。精神の限界に挑むため北九州から南さつまへのロングライドを実行。20時間かけ、九州縦断を完遂した。

キーワード:ロードバイク、ロングライド、国道3号線、国道270号線

1 背景

トライアスロンは水泳、ロードレース、ランニングの3種目をこなす競技であり、それぞれの実力を総合的に上昇させることでタイムがよくなる。また、レースにおいては精神力も大きく影響しする。本投稿では、ロードバイクのスキルアップを図るとともに、自身の精神力を向上させることを目的として福岡北九州市から鹿児島南さつま市までロングライドを行った結果を報告する。

2 準備

2.1 走行戦略

出発地:福岡県北九州市九州工業大学戸畑キャンパス

目的地:鹿児島県南さつま市某所

九州工業大学を出発後は、国道3号線に乗りひたすら南下する。 鹿児島県いちき串木野市付近で国道270号線に乗り換え、ゴールを目指す。 移動手段は自転車である。

2.2 装備

実験に用いる自転車は、GIANT TCR SL2。 フロントにライトを2つ設置した。1つは近距離用であり遠くまで照らせないものの照射範囲が広いものを用いた。2つ目は中距離用であり、GENTOS 閃 355(SG-355B)を用いた。これは前方100 [m]近く照らすことができる。 リアのライトとしてCAT EYEのTL-LD155-Rを1つ用いた。 また、日中はコンタクトとサングラスを着用し走行、夜間はコンタクトを取り外し、眼鏡で走行した。 ヘルメットを着用し、安全第一の走行を心がけた。 その他、以下のものをサドルバック、ボトルケージ、サイクルジャージのポケットに収納した。

f:id:ayuge-sun:20150820202059j:plain

3 実験結果

実験結果を以下に示す。

  • 走行距離:380 [km]
  • 所要時間:20 [時間]
  • 実際に漕いだ時間:14 [時間] 46 [分] 26 [秒]
  • 平均時速:25.7 [km/h]

また、当日食べたものをリストアップする。

4 走行のまとめ

まず、お盆の帰省ラッシュ時期と一致してしまったので、多くの方に非常に迷惑をかけた企画であった。 また、天候は良くなく、出発して数時間の間雨の中を走行することを余儀なくされた。その影響で足が群れ、ゴール時にはふやけて足が膨張していた。 日中は雨も上がり、暑い一日となり休憩をこまめにとった。

走行中のトラブルとして久留米付近での自転車後輪のパンクが挙げられる。パンク修理中は、雨のなか惨めな気持ちでいっぱいであった。

ルートは国道3号線をメインとして走行したが、道が狭い箇所もありトラックなどがすぐ横を通るといったスリリングな体験ができた。

また、国道270号線走行時は日が完全に暮れていた。ここは、街頭の数も少なく、実験者も初めて通った道であった。これに心身耗弱していたのも相まって、柱状物体がすべて人に見えるといった幻覚症状に苛まれた。恐怖に打ち勝って旧加世田市の町並みが見えたときの歓喜は、今でも忘れない。

また、復路は家族に自転車ごと久留米まで送ってもらい、そこから100 [km]程度の道のりを自転車で走行した。

ABUS(アブス) 1200/60  BLACK

ABUS(アブス) 1200/60 BLACK

TOPEAK(トピーク) ミニ 9 プロ カラー:ブラック

TOPEAK(トピーク) ミニ 9 プロ カラー:ブラック

【第3類医薬品】エアーサロンパスEX 250mL

【第3類医薬品】エアーサロンパスEX 250mL

PWT チェーンカッター BT-15R

PWT チェーンカッター BT-15R

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 [ロード220] ロイヤルブルー

OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 [ロード220] ロイヤルブルー

広告を非表示にする